従来の水性塗料からは考えられない強靭な塗膜!
様々な状況、床材にマッチする3種類の光沢から選べるフロアプロテクトAP

フロアガードPLUS 概要

美しいフローリングのダイニングルーム

フロアガードPLUS

ベーシックな塗膜性能と高い安全性
剥離施工による原状回復も可能

[基本料金36,000円+平米単価1,800円]

  • 固定の基本料金と施工する床面積に平米単価を乗じたものが料金となります。
  • 未使用フローリング以外は別途クリーニング費またはワックス剥離費用がかかります。
  • 入居されている場合など家財搬入後の施工は別途家具移動割り増し費がかかる場合があります。
  • 神奈川、東京は離島など一部を除いては出張費は無料ですが遠方の場合は別途出張費がかかる場合があります。(詳細)
フロアガードPLUS水性ウレタンコーティング基本料金36,000円+1㎡あたり1,800円
(階段は1箇所につき一律8,000円)
下地調整費汚れを除去する作業
※新築未使用フローリングは必要ありません
1㎡あたり400円
※30㎡未満は一律12,000円
ワックス剥離費既存のワックス塗膜を除去する作業1㎡あたり800円
※30㎡未満は一律24,000円

※施工面積が30平米を超過する場合は面積に応じた割引をします。見積り依頼の上、施工料金はご確認ください。

見積り依頼する

コーティング サービス

ソファでくつろぐ家族

フロアガラスSi
ガラス質の超高硬度な塗膜
新築、シートフローリングに最適

入居中のお住まい

フロアプロテクトAP
古いフローリングもコンディション回復
新築、中古、入居住宅、無垢床材にも

フロアガードPLUS施工したフローリングの部屋

フロアガードPLUS
ベーシックな塗膜性能と高い安全性
剥離施工による原状回復も可能

浴室

水周りコーティング
浴室、洗面台、キッチンの衛生管理に
汚れ防止・抗菌仕様

磁器質タイル

タイルコーティング
汚れの吸収を抑制しお手入を楽にします
汚れ防止・ひび割れ抑止に

和室

和室白木コーティング
和室ならではの凛とした風合いを維持。
手垢・皮脂などの汚れ防止に

■見積りの依頼方法については「見積りの流れ」をご参照ください。
■FAQを確認したい場合は「よくある質問」をご参照ください。

フロアガードPLUS 特長

フロアガードPLUSは、美観の維持をコーティングの主な目的とされる方にはリーズナブルで優れたコーティングです。

床保護効果や耐久性などの性能はフロアガラスSiやフロアプロテクトAPに及ばないのですが光沢感や質感は上位グレードと遜色ありません。

フロアコーティング後も剥離施工といって塗膜の除去が可能ですので、再施工は比較的かんたんです。

フロアコーティングする職人

フロアガードPLUS 効果

フロアガードPLUSは水性ウレタン塗料を使用するフロアコーティングです。マンションのオプションコーティングでは主流のタイプになります。当社のなかでは最も安価なフロアコーティングですが事前清掃、下地調整など施工工程は上位グレードと変わりありません。

定期的に業者によるクリーニングとフロアコーティングをすることで常に床をキレイに保ちたい場合はメンテナンス性がよくリーズナブルなフロアガードPLUSはうってつけのコーティングです。店舗など商業施設への利用にも実績があります。

4つのメリット

床保護を表現したイラスト
床保護効果
フローリングが傷つくのを塗膜が軽減します。
滑らないフローリングを表現したイラスト
滑り防止効果
足元が滑りにくくなります。
お手入れの簡易さを表現したイラスト
水拭きできれいに
面倒なワックスがけも必要ありません
艶のあるフローリングを表現したイラスト
艶やかな光沢感
木目がくっきりと見映えます。

十分な床保護効果という場合も

後発のフロアコーティングほど一般的には擦り傷の抑制効果や持久性などより高性能になり、価格も上昇します。ところが、もし実際に使用されるご家庭がお子様やペットのいない世帯であればフローリングへの傷つけ行為等も少ないと考えられフロアガードPLUSで十分な性能ということもあります。

施工について

フローリング種類による適合性

フロアコーティングはフローリングの表面材(化粧板)やその仕上げによりマッチングに難があることがあります。フロアガードPLUSの場合はほとんどの床材と適合します。

適合性に問題のない床材シートフローリング、突板フローリング、挽板フローリング
適合性に条件のある床材オイル仕上げの無垢フローリング
相性のよくない床材サニタリー仕様フローリング、コルクフローリング、鏡面仕上げフローリング
  • 無垢フローリングの場合は表面の仕上げが多様です。クリア塗装されている塗膜仕上げや塗装されていない素地仕上げの場合は施工可能ですが、オイルなど自然塗料で仕上げられたものは施工可否について現地確認が必要です。
  • サニタリー仕様フローリングはトイレや洗面室での使用を想定した床材です。表面に撥水性や抗菌性のある薬剤を塗布しているため施工は適しません。
  • コルクフローリングは多孔質のためコーティング液剤が浸み込み成膜しませんので施工は適しません。
  • 鏡面仕上げフローリングは文字通り鏡のように平滑な表面のためコーティングの密着性に問題が生じる可能性があり施工は適しません。

ほとんどの一般住宅ではシートフローリングもしくは突板フローリングが採用されています。上記にない特殊なフローリング、もしくはフローリング種類がわからない場合は遠慮なくご相談ください。

フローリングの状態による適合性

すでにひび割れや多数の傷が生じている場合もフロアガードPLUSは優れたカバーリング力により対応可能です。
また、他フロアコーティングやワックスが何度も塗布されている床にも対応可能です。床の状態や塗布されている液剤に応じて塗膜剥離や研磨など適切な下地調整を行います。

硬化乾燥時間について

気温や湿度などの条件にもよりますが歩行可能になるまでコーティング完了から約90分です。ご入居されている現場でも夕方頃には普段の生活を送れますし、家財の部屋内移動を伴う施工も可能です。また塗り重ねが必要となる素地仕上げの無垢材なども1日で数回塗布することができます。

作業時間

一般住宅の新築未入居での施工なら、職人2名でおおよそ9時~15時位です。水回りコーティングなど追加コーティングがあっても工程の工夫や増員により基本的に1日(9時~17時)で完了します。

責任施工

当社職人が責任をもって施工します。万が一お客様確認により施工不良がありましたら遠慮なくお申しつけください誠意をもって迅速に対応いたします。10年のアフターサービス保証がも付帯します。

標準的な作業工程

以下は新築未入居の場合の工程となります。既存物件などでワックス塗膜の剥離除去が必要なケースは5.全体清掃の部分が剥離施工となります。様々な状況・床材に対応するフロアコーティングゆえ他にも色んなケースがあります、その場合は都度お知らせいたします。

  1. 施工対象の確認
    素材や状態を確認します。
  2. 初期清掃
    室内すべて掃除機をかけます。
  3. マスキング養生
    巾木、建具枠など塗料が付着しないようにします。
  4. 全体清掃
    フローリングを専用クリーナーとパッドでクリーニング、ウェットバキュームで吸い取り、最後に水拭きします。
  5. 確認清掃
    接着剤残りやその他の全体清掃で落とし切れていない汚れを個別に汚れ落としします。
  6. 下地調整
    アルコール拭き、プライマー塗り、目粗しなど、コーティングが均一に密着するよう適切な処置を行います。
  7. 直前清掃
    浮遊したホコリ・塵が落ちてきますので塗布作業とほぼ同時進行で粘着ローラーで取り除きます。
  8. 塗布作業
    最初に壁際を塗布してから全体をフラットモップで塗布します。
  9. 仕上がり確認
    約1時間後、歩行可能になったら仕上がり具合を確認し、問題個所は手直しします。
  10. 玄関周り清掃
    作業中は何度も出たり入ったりしますので掃き掃除をします。
  11. 作業完了
    仕上がりをお客様に確認いただきます。

見積り依頼する