海老名市の、まさに海老名駅の目の前に建てられたタワーマンションを購入されたお客様よりフロアコーティングの依頼を受けました。
最新の設備を備えたマンションはフローリングがTES床暖房の備わるシートフローリングです。こちらのフローリングへのガラスコーティング浴室、洗面台、キッチンの水周りコーティングがお客様のご希望です。

ご依頼時にお客様がとくに気にされたのは施工の保証期間でした。これについては業界特有の悪癖みたいなものが関わりますので、今回ブログで少し取り上げてみたいと思います。

フロアコーティングの長期保証

フロアコーティングの保証期間については当社は10年間としております。その間、不具合が発生した場合は無償にて速やかに手直しいたします。保証期間については20年とか、なかには30年などという超長期の保証をかかげる業者もいますので、中には当社の保証期間が短いと思われる方もいるかもしれません。

けれども通常、施工不良、低品質なコーティング剤の使用、床材の適合性などの問題があった場合にそれが顕著になるのは施工後、数日から長くても半年以内です。10年というのはむしろ十分すぎるくらい長期の保証です。

では、なぜ20年、30年といった長期保証をする業者が沢山いるかというと、一言でいうと足並みを揃えたいということなんです。もともと最初に長期保証をかかげた業者が定めた期間は10年でした。それに対して15年と言い始めた業者がでてくると、それに倣い15年となり、やがて20年、30年と競うように期間が延びてきた次第です。

保証期間の根拠と性能との関連性

これらの保証には根拠となるものは特段ありません。またフロアコーティングの品質とも基本的に無関係です。「弊社の保証期間は30年ですから安心してご依頼ください。」というのは全く安心ではありませんのでご注意ください。

不具合が出ないよう日々、地道な努力を重ねるのは大変ですが、保証期間を長くするのは至極かんたんなことです。とはいえお客様からみて業者の「地道な努力」は「保証年数」と比較してわかりずらいのは理解できます。正直いって、超長期の保証をする業者にも、流れに逆らえずやむなくという場合も多いです。一方、常に施工不良を起こしているにも関わらず、安易に保証期間だけは長い業者もいます。

当社にしても今のところ「10年保証」で問題なく経営できていますが、経営に支障がでるようになると30年なりの超長期の保証をかかげざるを得なくなるかもしれません。けれど、30年後のことなんて、さすがに状況がわかりませんから…。上場企業でさえ何かのきっかけで債務超過になる時代ですから、30年間の保証というのは、やはり安易で無責任なのかなと感じます。

玄関ホール施工前

施工前(緑のテープは塗布時に塗料がつかないようにするものです)

玄関ホール施工後

フロアガラスSi施工後 やや艶が上がり木目が引き立ちます

新築マンションをガラスコーティングで守る

小田急不動産が主体となり開発されたマンションは丁寧に施工され、フローリングにはほぼ傷や落としがたいような汚れはありませんでした。それでも、普段通りしっかりと床を洗浄しガラスコーティングの「フロアガラスSi」をコーティングしました。

UVコーティングやシリコンコーティングなど様々なフロアコーティング種類があるなか、もっとも塗膜硬度の高いコーティングです。硬いということは傷や摩耗が生じにくく、非常に長持ちします。比較的、薄膜に仕上がるタイプですから光沢感だけは先に挙げたものに劣りますが、テカリの抑えられた自然な光沢感は万人にとって好ましい艶だと思います。

リビングルーム施工前

施工前(シートタイプのフローリング)

リビングルーム施工後

フロアガラスSi施工後 自然な光沢感です

以前に、友人を訪ねに何度も訪れたことのある海老名ですが、駅の周辺は開発され激変していました。噂には聞いていましたが、ララポートやVINAWALKをはじめとする新しいショッピングモールがいくつもあり、その周りにはマンションが立ち並びます。

都心まで小田急線に乗ると30分程で行けますから、新しいベッドタウンとして利便性のとても高い価値ある場所なのでしょうね。海老名市にマイホームを購入されたお客様でフロアーコーティングに興味のある方は、ぜひご相談ください。