フロアコーティングをご検討で情報収集に熱心な方なら、フロアコーティングにも種類があることをご存知だと思います。そして序列のようなものがあり、たいていは以下に記したような順序にならびます。

  1. ガラスコーティング
  2. UVコーティング
  3. シリコンコーティング
  4. ウレタンコーティング(水性)
  5. アクリルコーティング(水性)

これはおおよそ塗膜の硬度の順(上のものがより硬い)であり、価格の順(上のものがより高価)でもあります。

※ガラスコーティングとUVコーティングは入れ替わっていることもあるようですが、塗膜硬度は明らかにガラスコーティングが上です。

フローリングにコーティングすることで表面に形成される塗膜が硬いほうが、傷、摩耗、汚れの付着がより生じにくいのです。したがって耐久性のあるフロアコーティングとされます。

水性ウレタンコーティング

フロアプロテクトAP(水性ウレタン)のセミグロス(半つや仕上げ)施工後写真

じっさいはどうなの?水性ウレタンコーティング

上記の見方でいうと水性ウレタンコーティングはやや他よりも性能が劣るということになりますが実際はどうなのでしょうか。

以下については当社の水性ウレタンコーティングであるフロアプロテクトAPについての記述となります。

重要

水性ウレタンというと樹脂ワックスが使用されることもあるようですが、それは別物です。当社が使用するのは人や環境への配慮のため従来の油性ウレタン塗料の代替として開発された水性塗料です。ごく微量の有機溶剤を含みますので水性ではなく当社では区別するため水系塗料と呼んでいます。

ベストなフロアコーティングにもなり得る

結論からいいますと、実際の使用状況によってはベストなフロアコーティングにもなり得る優れたフロアコーティングです。たしかに規格試験では塗膜硬度はやや低い数値がでます。ガラスコーティングと比較すると日々の生活で生じる塗膜の傷や摩耗はやや目立ちます。

けれども、そもそもイスの足に保護剤を装着したり、キッチンマットを使用したり、子供が遊ぶ場所にはラグを敷く、といったケアーをしながら生活される方なら十分な塗膜性能です。

価格はガラスコーティングやUVコーティングよりも2割~3割ほど安いので場合によっては非常にリーズナブルなフロアコーティングです。

水性ウレタンコーティングのメリット

その他にも水性ウレタンコーティング(フロアプロテクトAP)ならではのメリットがあります。以下に列記の上、説明いたしますのでご参照ください。

  • 速乾性
  • 艶を選べる
  • 傷んだフローリングにも合う
  • ほぼ無臭
  • 塗り重ねが容易

速乾性

一般的に硬化乾燥の早い水性塗料ですが、フロアプロテクトAPはおおよそ塗布後、60分~90分で歩行可能となります。これは入居中のお住いでのフロアコーティングでは大きな利点となります。

艶を選べる

グロス(つや有り)、セミグロス(半つや)、マット(つや消し)の3種類の艶からお好みを無償で選ぶことができます。強い光沢は床の状態を忠実に反映しますので、擦り傷や凹み傷などが多いフローリングの場合は艶を抑えたタイプのほうが仕上がり感がよいこともあります。

傷んだフローリングにも合う

塗膜の厚いフロアコーティングですから使用により表面の荒れたフローリングでもしっかりと塗膜形成します。

ほぼ無臭

石油系有機溶剤を含まないので、いわゆるシンナーのような揮発臭はしません。非常に穏やかなニオイで環境性に優れています。

塗り重ねが容易

フロアコーティングの種類によっては塗り重ねるときに既存塗膜の作用で塗料を弾くことがあります。塗料が均一に広がらないため塗りムラが生じます。このようなフロアコーティングの塗り重ねはサンドペーパーなどで塗膜を目粗しする必要があります。フロアプロテクトAPの場合はそのまま塗り重ねることが可能です。

フロアコーティングするタイミング別のアドバイス

このようなフロアプロテクトAPのキャラクターは、もちろん新築フロアコーティングにもよいのですが中古住宅への入居前やすでに入居している住宅へのフロアコーティングに最適です。

新築住宅の場合

建具やインテリアのカラー、お好みによって選べる艶が3種類あります。子様やペットにいない世帯では一般的に十分な床保護効果と耐久性です。安全性も申し分なく、単身者やご夫婦お二人の世帯の場合は第一候補のフロアコーティングです。

中古住宅(入居前)の場合

築年数にもよりますがフローリングが傷んでいることも少なくありません。水性ウレタンコーティングのフロアプロテクトAPなら傷んでいてもしっかりと成膜しますし、より酷く傷んでいる部分などには塗り重ねることで対応が可能です。また、抑えた艶を選ぶことで塗り重ねてもテカテカな光沢感にはなりません。(好みによりますが)

入居中住宅の場合

なんといっても速乾性が大きく役に立ちます。家具など家財道具の移動を伴うコーティングでも夕方には通常の生活が可能です。臭気がほぼ無いというのも住民にとって助かることでしょう。

自信をもってオススメできる水性フロアコーティングです

ちなみフローリングの種類も選びません、最近では主流のワックスレスやワックスフリーのフローリングにも大抵適合します。従来の突板や挽板、無垢のフローリングにも相性がよいです。

環境基準の高いEUではほとんど油性塗料は使用できなくなっているため、非常に早いピッチで性能の高い水性塗料の開発が進んでいます。水性だからといって水に弱いなどいうのは昔の話です。

ぜひ、水性ウレタンコーティングに興味をもった方はフロアプロテクトAPをご検討ください。